ストレス改善の効果について

メンタルヘルス対策とカウンセリング・ストレスケア施術の関連性

ストレス刺激

外部からストレスを受けると顕在意識が認識できることをため込んでいきます。
しかし、認識できないモヤモヤしたストレスは潜在意識に落ちていきホルモンバランスの変調・
意識決定能力の低下により心と体に 変調をきたします。
精神病の患者は顕在意識で行動しようとしても
潜在意識の中での変調をきたしているので行動できないのです。
顕在意識 潜在意識
なぜストレスケアが必要なのか!?
外部刺激(ストレス・疲労)に対抗する人体の機能顕在的ストレスカウンセリング・研修有効潜在的ストレス 薬・恒常性刺激有効
弊社の施術は・・・
施術内容
動脈圧迫ストレッチ
症状別特殊治療
自律神経鎮静系整体技術
薬と同じ効果を出すための「恒常性を刺激する」施術を行っています。
弊社の治療ノウハウは、心理カウンセリングやメンタルヘルス研修では除去できない、潜在的ストレスを根幹より排除できる、薬を利用しない改善療法です。
現在の東洋医学・西洋医学の観点より人間の恒常性(ホメオスタシス性)の維持を念頭に、外界からの刺激(ストレス)などから身を守る為のアプローチ方法取っています。ストレス・疲労などにより過度な体の変化が出てきます。このような変化に対応するためには次の三つが必要不可欠です。免疫系・神経系・内分泌系(ホルモン)です。特に自律神経とホルモンが体の変化に対して重要でありその自律神経とホルモン分泌に関して有用なのが弊社の施術なのです。
疲労ストレスを徒手検査・検査機器によりスクリーニングを行い詳細な鑑別診断を行う
心理カウンセリングで潜在的な診察を行う動脈圧迫ストレッチ 症状別治療を行う
自律神経を整える 整体療法を行う
手技後の体内環境の調査を行う

特徴

身体的・心理的アプローチを両方可能にした施術
現代の問題点となる、ストレス・疲労・メンタルヘルスに特化した治療方法