腰痛改善! ~腸腰筋トレーニング~

緊急事態宣言が解除され、はや1ヶ月というところまで来ましたが、未だ新型コロナウイルス感染者が確認され続けています。少しずつ元の生活に戻りつつありますが、まだまだ予断を許さない状況が続いていくように思います。

その様な中で運動する場所や機会が限定され、運動不足になっている皆様に少しでもお役に立てればと思い、こちらでストレッチ方法をご紹介しておりますので、ぜひ実践してみて頂ければと思います。

 腰痛の原因

今回は腰痛改善のストレッチとして腸腰筋のトレーニングをご紹介したいと思います。
腸腰筋とは腰から股関節にかけての筋肉で、細分化すると大腰筋・小腰筋・腸骨筋の3つからなる筋肉になります。股関節の屈曲、脊柱の屈曲作用に関わっています。股関節を曲げたり、体幹のバランスをとってくれている重要な筋肉になります。

なぜ、腸腰筋のトレーニングが腰痛改善に役立つかというと、腸腰筋の動きが悪くなると骨盤が前に倒れ、反り腰になり腰部の筋肉に負担がかかります。また腸腰筋の筋力低下が起こると体幹のバランスが崩れてしまい、これも腰痛の原因になってしまします。

 ストレッチ方法

それでは今回の腸腰筋のトレーニング方法をご説明していきます。
座った状態で出来る簡単なトレーニングですが、地味ですので頑張って実践してみて下さい。決して無理はされないでくださいね!
1. 椅子に浅く腰掛け、背筋を伸ばします。
※背筋を無理に伸ばして腰を反らないように気をつけて下さい

2. イスの淵をしっかり把持して、股関節を曲げていきます。
※股関節を曲げる際に上体が後ろに倒れたり、背中が丸まったりしないように気をつけて下さい
※可能であれば、股関節を曲げる際に身体を捻ってあげると効果的です。

10回ぐらいを目安に可能な限り、股関節を曲げて頂ければと思います。

他にもさまざまなトレーニング方法ありますので、ご自身にあったトレーニング方法を見つけて頂ければと思います。

痛みや違和感のある場合は無理にストレッチする必要はありませんので、できる範囲内で無理なく行って下さい。

【文責:Kurokawa(M& Pラボラトリー主任施術者)資格:鍼灸師・柔道整復師】
年間100社以上の企業内での施術を担当。職場での従業員様のお身体の不調・疲れのケア、職場・自宅でできるセルフケアアドバイスなどを行っています。

CATEGORY

Favorite