健康経営で日本を元気に!

 本メディアを運営している株式会社M&Pラボラトリーは「毎日を生きる人々に前向きな力を」を企業理念にM=Metnal(心)とP=Physical(身体)の両面から毎日を頑張る従業員様の健康を支える会社です。

このサイトを通して、健康経営へ関心を持つ企業様の「何から始めればいい?」にお役立ちできるような情報を発信していきたいと思います。
創業から3年、200社以上で従業員様へのカウンセリング・整体に携わってきた弊社現役カウンセラー・整体師からのコンテンツ、健康経営に取組む企業様に事例など、多岐にわたる記事の中で、少しでも参考になる情報があれば幸いです。

健康経営とは 

人口減少への歯止めがかからず、15歳~64歳の労働力人口も急速に減少していくことが公然たる事実となっている中で、労働力確保に向けた職場環境作りへの取組みが加速しています。
そんな社会的背景の中、本メディアのタイトルにも入っている「健康経営」への注目も高まっています。

では「健康経営」とは何なのか。経済産業省では、下記のように定義されています。

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

健康とは

では、そもそも「健康」とは何なのか。

WHO(世界保健機関)では下記のように定義されています。
健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。

上記をまとめると健康経営とは

従業員が「肉体的に・精神的に・社会的に満たされた状態」に向かうことへ投資し、従業員の活力向上・生産性の向上による組織活性化・企業価値の向上を目指すこと

と捉えることができると考えます。

「健康経営に取組み始めて会社の雰囲気が変わった、一体感が出てきた」そんなお声をよく耳にします。
「健康経営から日本を元気に!」を目指し本サイトを運営して参ります。

キーワード

CATEGORY

Favorite